A:

スポーツによる脳振盪が生じたとき、あるいはその疑いがあるとされたとき世界標準的な評価法であるSCATを使って評価をおこないます。また、競技復帰に向けての段階的復帰プロトコールが使われていますが、伸展の指標にSCATのスコアに使用することがあります。ベースライン評価とは、正常時評価のことですべての基本となるスコアです。日本が2016年から新しく参戦するスーパーラグビーの取り決めでは、参加スコッド全員に、シーズンが始まる前に少なくともSCAT3のスコアを義務付け、さらにコンピュータベースの神経認知検査も推奨しています。

Q:脳震盪になったことはないのですが、ベースライン評価を受けて正常時のスコアを持つことを薦められました。検討してみようと思うのですが、これはどのようなものですか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です