A:
腰椎、頚椎椎間板ヘルニアは、「外力によるケガ」として生じる可能性は低いとされています。だだし、ウェイトトレーニングの途中、懸垂動作中、タックルにいって跳ね返されたとき、など日時や因果関係が特定される場合もあり、疼痛発生状況をきちんと記載することが大事になります。

Q:椎間板ヘルニアは病気だから、私の入っている傷害保険の対象にならないといわれました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です