A :
「バーナー症候群」は一過性の電気信号通過障害であり、神経線維や神経細胞の損傷はないとされており、ほぼ正常に回復します。しかし、同様な症状が何度も続くような場合は、器質的疾患、あるいは病的状態が隠されていることもありますので、レントゲンや神経の検査が必要となります。

Q:バーナーなら何回やっても大丈夫だといわれました。
Tagged on:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です