A:
腰椎分離症の原因のひとつは、腰の伸展、回旋運動の繰り返しによる一種の疲労骨折(使いすぎ骨折)だといわれています。疲労骨折の初期であれば、運動停止とコルセットによって骨折が直る確率が高いといわれています。

Q:腰椎分離症(ぶんりしょう)といわれて、コルセットを3ヶ月つけるようにいわれました。
Tagged on:     

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です