A:
特にコンタクトスポーツでは言われているようです。腰椎、頚椎椎間板ヘルニアともいきなり手術ではなく、保存療法がまず選択されます。しっかり保存療法、神経ブロック、アスレティックリハビリテーションをおこなっても復帰できない場合、あるいは神経症状が残ってしまう場合に手術適応となります。最近では最小侵襲手術を選択することも多いので、スポーツ復帰の確率は高くなっており、また復帰までの期間も短くなっているとおもいます。

Q:ヘルニアで手術をするとスポーツできなくなるといわれました。
Tagged on:     

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です