A:

振盪は脳に起こった器質的障害でなく機能低下だと言われていますが、スポーツによる頭部外傷では、硬膜外、硬膜下出血が起こっていることがあります。症状が消え、治ったと思ってスポーツを再開したけれども、実は小さな損傷(内出血)がまだ残っていて、そこに二度目の衝撃(セカンド・インパクト)を受けることで再び出血を引き起こし、重篤な症状の出現、高い死亡率が報告されています。

Q:最近、脳震盪におけるセカンドインパクト症候群には細心の注意が必要だと聞きましたが、セカンドインパクト症候群とはどのようなものですか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です